Page: 1/26   >>
2017年KIDS主催研修スタートしました!

KIDSカウンセリング・システムのコラムに訪れてくださった皆様へ

 

 初夏を感じさせるような五月の清々しい気候です。

 

昨日、KIDS主催研修として、「コンサルテーション/スクールカウンセリング(事例検討会)」,髻吉祥寺のKIDSオフィスで開催し、2017年の研修がスタートしました。

研修に関する告知期間が短かったにもかかわらず、満員御礼の参加者に恵まれ、熱心で温かい事例検討会を行うことができました。

少しだけご報告させていただきます。

 

今までも「コンサルテーション/スクールカウンセリング(事例検討会)」に参加してくださっていた方々、また他所の研修や他大学大学院等の講座でお会いして学んでいただいていた(KIDSは初めての)方々等とご一緒に、(飛行機/新幹線で来てくださった方も!)解決志向ベースのライブな事例検討会をご一緒に展開することができました。

事例への対応を共に考え学ぶことはもちろん、解決志向アプローチでの展開を経験していただくこともねらいでした。

それにしても、参加者の皆様のコメントや質疑を聞くに付け、解決志向を実践している強者(つわもの(笑))いえ、実力者ぞろいでしたね。

初心者と称する方々も、ご一緒に丁寧に学んでいける会でもあったように感じます。解決志向の素敵なところは、初学者の方が、経験者と共に学ぶときに、臆する気持ちになるのではなく、むしろ多くのサポーターを得ることになり、より学びが深まることだとあらためて感じられました。

 

事例を提示してくださった方からも、コメントのメールをいただきました。こちらこそ、貴重な事例を提示していただき、皆で考える機会をいただくことができたことを感謝いたします。

 

「コンサルテーション/スクールカウンセリング(事例検討会)」は、6/17、7/8にも開催します。日程の都合で、毎回参加できない方がいらっしゃるため、各回、わずかですが残席がございます。

ご興味がある方は、info@kids-cs.jp にて、お問い合わせ、またはお申し込みをいただければ幸いです。

 

次回も皆様とお会いできますことを楽しみにしています。

 

集中研修「実践に活かす 解決志向アプローチ」ともに、ホームページでのお申し込みシステムにつきまして、いましばらくお待ちください。お問い合わせや当面のお申し込みの登録等は、info@kids-cs.jp にて、お受けいたします。

 

それではまた少し目線を上に上げて、スッと姿勢を伸ばして、歩んでいきましょう。

 

KIDSカウンセリング・システム

黒沢幸子

 

 

| KIDSカウンセリングシステム研究会 | 11:18 | - | - |
KIDSカウンセリング・システム主催研修のお申し込みについて

KIDSカウンセリング・システム主催研修のお申し込みをご検討されている皆様へ

 

ゴールデンウィークも終わり、1週間が過ぎました。いかがお過ごしですか。

春の可憐な色彩豊かな花々は次々と咲き、新緑が深い緑に変わってきました。

これからしばらく祭日のない日々が続きます。

お休みが少ないときこそ、深呼吸して、自分の感覚を外側と内側に交互に向けてゆったりと五感を使って「いま・ここ」を感じ、

ときどき肩の力を抜いて、過ごしていけるといいですね。

 

5月に入ってから、黒沢は、千葉県のSC及びSSW(約350名)が一堂に回する連絡協議会、また全国の小児科の先生方(約500名)が熱心に学びに集う日本小児科医会「子どもの心」研修会で、それぞれ講師を務めさせていただきました。そこで、多くの方々と出会えたことが、とても嬉しいことでした。解決志向アプローチを実践されていたり、興味をもってくださる方が多くいらっしゃり、励まされました。

 

2年振りに再開するKIDSカウンセリング・システム主催研修について、「待っていました」といった温かいメールをたくさんいただき、とても励まされています。この場を借りて感謝をお伝えしたいと思います。ありがとうございます。

 

さて、ホームページからの研修申し込みシステムを整えているところですが、今しばらくお時間いただきたく思います。

 

講座A:「コンサルテーション/スクールカウンセリング(事例検討会)」は、現在、info@kids-cs.jp メールにてお申し込みを受け付けております。

 

講座B:「実践に活かす解決志向アプローチ」のホームページからのお申し込みは、今しばらくお待ちください

ただし、講座Bについても、既にメールにて、お申し込みをお伝えくださっている方々もいらっしゃいます。

思い立ったが吉日、「いま、申し込みたい」とお考えの方は、info@kids-cs.jp メールにて、必要事項をお書き添えいただき、登録をしていただければ幸いです。

 

まずは、5月20日(土)16:00から、「コンサルテーション/スクールカウンセリング(事例検討会)」で、参加者の皆様とお会いできますことを楽しみにしております。少人数で、ゆったりと、手作りで進めていきます。よろしくお願いします。

 

KIDSカウンセリング・システム 黒沢幸子

 

| KIDSカウンセリングシステム研究会 | 14:37 | - | - |
KIDS主催研修・2017(上半期)のご案内

KIDSカウンセリング・システム研究会のコラムを訪れてくださった皆様へ

 

KIDS主催研修2017年度(上半期:夏休みまで)の企画をご案内します。

研修パンフレットのホームページへのアップは、今しばらくお待ちください。

 

A.土曜ショート講座 

コンサルテーション/スクールカウンセリング                     (事例検討会)

 「明日に役立つ事例コンサルテーション」です。カウンセリングや相談援助に従事されている心理・医療・福祉職の方/学校で児童生徒への支援を提供している教職員の方/守秘義務の課された事例を抱えている大学院生など、参加される方からその日その場で口頭提示していただく実際事例について、参加者全員で検討し、講師からはコンサルテーションが行われます。グループスーパービジョンを求めていらっしゃる方にも参加をおすすめできるコースです。解決志向の発想を背景に活かして行います。

(参加される方には守秘義務遵守をお約束いただきます)

 

参加資格】

スクールカウンセラー、教育相談員、教員、医療福祉関係者、大学院生

【開催日】

 5月20日、■況遑隠憩、7月8日

【時間】

16:00〜18:30

【定  員】

12名

【会場】

KIDSカウンセリング・システム

JR中央線/総武線,京王井の頭線 吉祥寺駅(南口/公園口)徒歩3分

(地図はお申込み確認メールにて送付いたします)

【参加費】

各回:¥5,000(税込み、各回会場払い)

   

 

 

 

 

 

 

 

 

B. 集中研修  

実践に活かす 解決志向アプローチ 

              7月22・23日(土・日)

 解決志向アプローチ/ブリーフセラピー(Solution-Focused Approach/Brief Therapy:SFA/ SFBT)について、明快かつ温かく、講義とワークを交えて進めていきます。心理療法やソーシャルワークの実践活動から生まれたSFAは、個人面接からコミュニティ場面まで、幅広い領域に適用されます。コンサルテーション面接、教育領域、福祉領域、医療・産業領域等の様々な分野において有用なモデルです。対話的な姿勢を重視しつつ、KIDSのオリジナリティを加味して、楽しみながら学んでいただきます。

 

【参加資格】

SFAを実践に活かしたい方

【定  員】

40名

 

【参加費】

7月22・23日(土・日) 10:00〜16:30(受付9:30〜)

 

【会場】

エムワイ貸会議室 お茶の水 Room B

東京都千代田区神田駿河台2-1-20 お茶の水ユニオンビル4F

TEL0120-311-104 (JR・東京メトロ「御茶ノ水」駅 徒歩23)

【参加費】

¥30,000(院生¥20,000)(税込み)

 

 

【お申し込みについて】 A講座「コンサルテーション/スクールカウンセリング(事例検討会)」 の初日が、5月20日と迫ってきております。Webお申し込みシステムは連休明けに適宜整えて参りますが、すでにお申し込みをお考えくださっている方は、info@kids-cs.jpまで、メールにて、お申し込みをしていただければ幸いです。5月20日については、参加費当日持参で承ります。

 

件名:例【A講座´:申し込み】、本文:申し込み者氏名・所属・立場・資格(臨床心理士、教員、等)、その他コメント。

 

 KIDS主催の研修、手作りで一歩ずつ展開します。行き届かないところも多いかと思いますが、お馴染みの、そして新たな皆様と、少し素敵な未来に役立つ研修の機会を楽しく持てますことを楽しみにしております。

今後ともよろしくお願いします。

 

KIDSカウンセリング・システム  黒沢幸子

PS なお、研修お申し込み等に関して、いただいた個人情報は、個人情報保護の観点から、その目的以外に使用することはありません。

   

| KIDSカウンセリングシステム研究会 | 18:23 | - | - |
解決志向を活かした“いじめ”への新たな取り組み:来日研修のご紹介

KIDSカウンセリング・システムのコラムに訪れてくださった皆様、

特に、教育領域、子ども支援に関連した立場にある皆様へ

 

学校現場での諸課題に対して、誰もが新たな対応を模索しています。

問題や原因に焦点を当てて対応する“問題志向”のアプローチには限界もあり、解決志向アプローチを活かした取り組みが注目され、成果もあげています。

 

この度、「“いじめ”への新しい対応」として、解決志向を取り入れたサポートグループ・アプローチの開発者であるスー・ヤングさんが来日され、ワークショップが開かれます。

きっと、学校への解決志向の具体的な取り組みのアイデアから、新たな視点/方略がひらかれると思います!

 

日時:2017年6月4日(日)
10時〜16時30分 開場9時30分

場所:エムワイ貸会議室 お茶の水 Room B

 

     詳細は、ソリューションランドのホームページをご覧ください。

      http://www.solutionland.com/visit/sue/index.html

 

サポートグループ・アプローチは、子ども達のピア・サポート活動(子ども達による同輩支援)に解決志向を取り入れた取り組みで、日本同様に“いじめ”が重大な教育課題である英国で、成果を挙げ注目されています(♦1,♦2)。

日本でも実践が進められており、“いじめ”に限らず、不登校の子どもにも有効です(♦3)。

 

♦1.『学校で活かす いじめへの解決志向プログラム』(スー・ヤング著、金子書房、2012)は、学校での解決志向の実践やアイデアが満載です。(解決志向を理解し実践に活かしているチームの努力によって翻訳され、黒沢が監訳させていただきました。)

♦2.『解決への面接技法:第4版』(金剛出版、2016)は、インスー・キム・バーグの共著で、SFAの手引きとされる著書ですが、そのなかでも、サポートグループ・アプローチが適用例として紹介されています。

♦3.『サポートグループ・アプローチ完全マニュアル』(八幡睦実・黒沢著、ほんの森出版、2015)では、日本の学校現場にあった実践として、手順・留意事項・事例がわかりやすく整理されています。

                                                                                                                                                       黒沢幸子

| KIDSカウンセリングシステム研究会 | 12:40 | - | - |
2017年度のご挨拶と研修企画について

KIDSカウンセリング・システム研究会のコラムを訪れてくださった皆様へ 

 

2017年、今日から新年度がスタートしました。

KIDSも今年度、心新たにスタートします!

 

東京では桜の開花宣言が出たものの、肌寒い日が続き、近くの井の頭公園の

満開の桜を愛でるにはもう少し時間がかかりそうです。でも、とても楽しみです。

 

今まで多くの皆様からKIDS主催研修へのリクエストをたくさんいただいて参りました。

2017年度には、下記の日程でKIDS主催研修を企画しております。

現時点では、前期(夏休みまで)の企画です。

まだ、企画段階ですので、詳細はこれから追ってお伝えしていきたいと思います。

 

集中研修:「実践に活かす解決志向アプローチ」 を予定 (講師:黒沢幸子)

7月22日(土)・23日(日)の2日間  10:00〜16:30

ショートプログラム:「コンサルテーション/スクールカウンセリング(事例検討会)」を予定 (講師:黒沢幸子)  

5月20日、6月17日、7月8日 各土曜  16:00〜 

 

皆様と、少し素敵な未来に役立つ研修の機会を持てますことを楽しみにしております。

今年度もよろしくお願いします。

 

KIDSカウンセリング・システム  黒沢幸子

| KIDSカウンセリングシステム研究会 | 13:55 | - | - |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Link

Category

Search

Entry

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode