Page: 2/29  << >>
KIDSが考えていること、そして2018年度研修予定

コラムを訪れてくださった皆様

 

KIDSカウンセリング・システムが、ず〜と考えてきたこと、大事にしてきたことは何か?それをどうしたら形にできるのか、どうしたらもっと対人援助専門職の皆様に貢献できるのか? 学会活動や大学院教育では充分に学びきれないことを、いかに吸収して力にしていただけるようにできるのか?

 

KIDSを共に立ち上げ、3年前に亡くなられた森先生の対談集『森俊夫ブリーフセラピー文庫』(遠見書房)は、旅立たれてから6ヶ月後に第1巻、約2年後に第2巻、そして約3年後(この1月)に第3巻の刊行をもって完結しました。
「心理療法の本質を語る」「効果的な心理面接のために」「セラピストになるには」:それぞれの巻の題名が、奇しくもKIDSが今もず〜と考えていること、大事にしていることであることに気づかされます。(題名からの連想という意味で)

 

KIDSでは、「解決志向ブリーフセラピー」をすべての対人援助職の方が基本的に学ぶ必要性と価値のあるものとして、研修を続けてきました。その思いは今も変わりませんが、個人、家族、さらには多職種連携・多職種協働が本当に機能するために有益なアプローチについて、飽くことなくさらに開発/紹介/提案していきたいと考えています。連携/協働が聞こえのいい謳い文句に終わらず、望み・希望、そして成果・満足が得られる対話を身につけられる研修や場を皆さんと共に作っていきたいと思います。

 

3月24・25日に予定している「解決志向ブリーフセラピー:ワーク&デモンストレーション」が2月早々からキャンセル待ちになり、ご参加を希望してくださっている方々にご迷惑をおかけしております。

2018年度は、まだ模索しながらですが、さらに切磋琢磨し合える研修をと考えています。
詳細はこれからですが、2018年度(上半期)には、現時点で下記を予定しています。
よろしければ日程の調整をいただければ幸いです。
(定期研修は、土日連続参加可能としますが、日曜昼間コースの回数はまだ検討中です)


夏の集中研修 定員40人程度  会場:中野サンプラザ(東京・中野)

 

A.「解決志向ブリーフセラピー実践+α(仮題) 

8月11日・12日(土・日)   

 

定期研修 定員12〜15人程度  会場:KIDSカウンセリング・システム(東京・吉祥寺)

 

S.土曜夕方コース「コンサルテーション/スクールカウンセリング(事例検討会)」
519日、623日、714日、922日(下半期:1020日、1124日、1222日、1月以降は追って決定)

 

G.日曜昼間コース臨床実践トレーニング」(対人援助専門職対象) 回数は検討中

520日、624日、715日、923日 (下半期:1021日、1125日、1223日、1月以降は追って決定)

*****************************************************

*研修やSV等について、ご要望/リクエストやご質問がありましたら、ご遠慮なくinfo@kids-cs.jpまでご連絡ください。


KIDSカウンセリング・システム   黒沢幸子

| KIDSカウンセリングシステム研究会 | 23:57 | - | - |
2017年度も残り僅かになってきました

コラムを訪れてくださった皆様

 

全国的に寒い冬・・・インフルエンザも猛威を振るっているようです。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。
****************************************************
今年も早2月、2017年度も残り僅かとなってきましたね。
心理学系の大学では、来年度から始まる「公認心理師」の
国家資格に向けたカリキュラム・実習等々の整備で、異例の年度末です。
****************************************************
心理職はもちろんのこと、心理職に限らず、「解説志向ブリーフラピー」の
学びは多領域に役立つもので、相談/対人援助専門職が
さらに幅広く社会に貢献し、連携・協働していくためにも、
本当に学ぶ価値/必要のあるアプローチであると実感してします。
****************************************************
先日は、児童相談所でのワーカーの方、また別所では小児腫瘍領域の
看護師の方、大変にシビアな、処遇や重い医療判断の伴うケースに
向き合う専門職の方に、解決志向を用いてケース対応をともに
考える機会をいただきました。
どちらも、それぞれの専門職の方が、過酷な状況にあるケースの方の
リソースやストレングスを見出し、ゴールを検討し、具体的な一歩を
さまざまに見出して行かれることに、こちらも勇気と感動をいただきました。
その後、予後についての情報もいただき、ケースの方の力と対応する
専門職の姿勢に畏敬の念を禁じえませんでした。
****************************************************
さて、2017年度(下半期)のKIDSカウンセリング・システム主催の
研修も大詰めを迎える時期になってきました。
それぞれの研修状況をお伝えいたします。
****************************************************
S.コンサルテーション/スクールカウンセリング(事例検討会&トレーニング)【受付終了】
 残すところ、2月24日残り1回となりました。
 キャンセル待ちを含めて多くの方にお申し込みをいただいておりますため、
 参加お申し込みは、受付終了とさせていただきます。
 定員が少ない講座となっており、申しわけありません。
****************************************************
C.解決志向ブリーフセラピー 初級 【受付中】
 3月21日に開催のCコースは、残席が少なくなってきております。
 ご参加をご検討いただいている方は、どうぞ早めにお申し込みくださいね。
****************************************************
D.解決志向ブリーフセラピー:ワーク&デモンストレーション 【キャンセル待ち】
3月24日・25日開催のDコースは、おかげさまで定員を
上回るお申し込みをいただいております。
そのため、今後はキャンセル待ちにて対応させていただきたく思います。
一方、時期的にインフルエンザの流行や年度末の急用等により
キャンセルが少なからずあることも見込まれます。
これからご参加をご検討くださる方は、どうぞお申し込みのご要望に
キャンセル待ちの旨をお書きいただいて、お申し込みください。
(その際、キャンセルの連絡期限についてもお知らせください)
**************************************************** 
さぁ、なんだか慌ただしい気持ちにもなる年度末ですが、
今年度のよい締め括り、また望む姿の来年度に向けて
自分のペースを大切に、ときにゆったりしながら、
過ごしていきましょう。
****************************************************
来年度のKIDSカウンセリング・システム主催研修のメニューは、
現在検討中です。
いましばらく、お待ちくださいませませ。
********************************
黒沢幸子

 

| KIDSカウンセリングシステム研究会 | 12:10 | - | - |
2018年新年のご挨拶

KIDSカウンセリング・システムのコラムを訪れてくださった皆様


遅ればせながら、謹んで新春のお慶び申をし上げます

本日から松の内が明け、明日からはお仕事や学校がさらに本格化しますね
本年もKIDSカウンセリング・システム研究会を、どうぞよろしくお願いいたします

昨年秋には、11月にSFBTA(Solution-Focused Brief Therapy Association)
サンタフェ大会「解決志向のクラスづくり」について発表することが叶い、国際的な解決志向の実践者/研究者の方々と交流することでき、その貴重な経験は代えがたい財産となりました。


また、9月以降では、日本学校心理学会つくば大会での発表、日本心理臨床学会での発表司会等の学会活動、および学校心理学会福岡支部研修会、ソシューションランド小樽大会、日本ブリーフサイコセラピー学会地方研修会(群馬)、日本カウンセリング学会静岡支部研修会、静岡県臨床心理士会研修会、日本学校教育相談学会宮城支部研修会をはじめ、新潟県、神奈川県、宮城県、岡山県等々の教育相談関連の研修活動にも講師として参加させていただく機会に恵まれ、文字通り、12月末まで飛び回っておりました。

各地で出会った関係者や参加者の皆さまには温かく迎えていただき、ワークやデモンストレーションを通して、私自身もさらに学びが深まり、まさに切磋琢磨の日々を過ごすことができました。
 

そのなかで、本拠地KIDSカウンセリング・システムでの月に1度の土曜ショート講座(コンサルテーション・スクールカウンセリング/事例検討会)では、毎回キャンセル待ちをいただき、充実した熱心すぎる!?(参加者はおわかりですね)時間が持て、何よりの励みとなっています。

 

実は、新年早々、森俊夫ブリーフセラピー文庫第3巻の校正に追われていました。

この第3巻をもって完結します。森俊夫先生はこの1月で、生きていらしたら還暦です。

ちょうどいい節目です。とても面白い内容に仕上がっています。

1月中には刊行されます。乞うご期待!!
 

今年1月からは、埼玉県児童相談所、法務省少年鑑別所等の関連研修も始まります。

 

そして2017年度の締めくくりは、KIDS主催の解決志向ブリーフセラピー講座初級(3月21日)ワーク&デモンストレーション(3月24・25日)の研修です。

ワーク&デモンストレーションのコースは、定員までの残席が少なくなってきております。

どうぞ、お誘い合わせの上、ご参加ください。

 

さあ、大きくゆったりと深呼吸をして、暖かな陽ざしを感じて、また新たな年を生きていきましょう。

 

  2018年1月8日

KIDSカウンセリング・システム研究会 

 黒沢 幸子

| KIDSカウンセリングシステム研究会 | 20:26 | - | - |
暑い/熱い夏、遅ればせながらご挨拶

コラムを訪れてくださった皆様へ

 

遅ればせながら、残暑お見舞い申し上げます。

東京には酷暑が訪れています。いかがお過ごしでしょうか。

 

2017年度(下半期)のKIDS主催研修のWEBお申し込みが(8月上旬から)開始されておりますことを、

あらためてご案内いたします。

(コラムでは、WEBお申し込みの開始をはっきりとお伝えしておりませんでした。黒沢が飛び回っておりまして…)

 

http://www.kids-cs.jp/training_guide/

 

7月22/23日のKIDS主催研修の後、この8月は、ブリーフサイコセラピー学会(松山)、

学校教育相談学会夏季研修会(千葉)、学校教育実践に活かす解決構築アプローチ研究会大会(旭川)、

教員免許更新講習、大学院集中講義(静岡)、カウンセリング学会研修会(栃木)等々、

発表や研修三昧の暑い/熱い日々を送っておりました(いえ、まだ継続中です)。

 

なかでも、さまざまな領域の実践家として活躍されている方々から、実は解決志向ブリーフセラピーに

出会い、今の自分の実践スタンスを培うことができたのは、KIDSの研修に参加したことが

契機だったと伝えていただくことが多かったことが、(予想外の方もいらして(笑))

大きな励ましでした。

皆様のご実践は、むしろ私どものほうが頭が下がる、こちらが多くを学ばせていただく

ようなものが多く、こちらこそ出会えたことに感謝しております。

KIDSは、KIDSの力を尽くしてKIDSらしく、さらに良い研修に取り組んでいきたいと勇気を胸に抱いています。

 

旭川では、ご本人が臨床家として駆け出しの頃(約20年前)からKIDSに(入り浸って?)

学んでくれた方(現在SCとして北海道で多くの学校を飛び回ってご活躍)が、

研修のライブデモンストレーションの相手となるサプライズもありました。

SCとしての真摯な実践について、じっくりと対話することができ、

とても幸せな満ち足りた時間でした。歳取るのも悪くないですね!

 

また、新たに出会った方々とは、重要な領域での新たな取り組みや企画がスタートし始めたりしています。

この夏、新しく出会った皆様、旧知の方々、皆様とのこの出会いが、また大きく実を結ぶことを祈って、

日々の実践に丁寧に取り組んでいきたいと思っています。

残暑に負けずにね……

 

KIDSカウンセリング・システム

黒沢幸子

| KIDSカウンセリングシステム研究会 | 20:55 | - | - |
ソリューションランド:ソリューションフォーカスト・ブリーフセラピー基礎講座「101」「102」のご案内

ソリューションフォーカスト・ブリーフセラピーを基礎からじっくり学びたい方へ


ソリューションランドでは、この夏、解決志向基礎講座「101」「102」を企画しています。

まだ、お席に余裕があるようですので、ご案内させていただきます。

 

解決志向基礎講座

「101」:8月19・20日(土日)

「102」:9月  2・3日  (土日)

 

ソリューションランドでは、解決志向の面接が実際に出来るようになりたい方向けに

体系的、かつ体験的に、じっくり学べる講座を展開しています。

大まかなカリキュラム内容として、
基本的な背景や基礎的な技法を学ぶ101と102講座
各種の代表的な技法をじっくり学ぶ201講座
個人、ペア、グループ面接が実施できるようになるための301講座
外国からの講師をお招きしてのスペシャル講座となっています。

 

ソリューションランド主催の外国からの素晴らしい講師による研修を経験された方々も多いことでしょう。

「イボンヌ・ドラン」「リー・シルツ」「アン・ルッツ」「テリー・ピショー」「ジョエル・サイモン」「スー・ヤング」等々、ソリューションフォーカスト・ブリーフセラピーの分野で名だたる先生方が来日し、その研修の恩恵に浴することができました。

 

KIDSカウンセリング・システムの研修は、実践にすぐ役立つことを基本的に重視しています。

一方、ソリューションランドのトレーニングは、代表的な技法以前の学びに「101」「102」の講座を当てる等、

じっくりと丁寧にインスー・キム・バーグ&ステーブ・ディ・シェイザーの考えにできるだけ忠実に、その世界観とともに

学んでいくものとなっています。

SFBTに精通した講師陣も魅力です。(黒沢は講師チームの一人として務めさせていただきます)

 

http://www.solutionland.com/training/06_03.html

 

KIDSの研修とはまたひと味異なるテイストによるソリューションランドの解決志向基礎講座でも

この夏、皆様とお会いできれば嬉しく思います。

 

黒沢幸子

| KIDSカウンセリングシステム研究会 | 07:30 | - | - |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Link

Category

Search

Entry

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode